dsc_2033.jpg肘折の温泉、泉質はナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉。ツルツルスベスベでポカポカ暖まる温泉です。別館「聖」。 img_7059.jpg肘折温泉は、山菜の宝庫。深い雪が良質な山菜を育みます。 dsc_2004.jpg春はもちろん、山菜のハイシーズン。山菜の宝庫、肘折温泉ならではの料理が一杯。 08irori.jpgくつろぎの空間「いろりの間」で一休み。冬だからこそ、ほっとする灯りと、温かな笑顔でお迎えします。 dsc_2102.jpg山水でいれた、あついコーヒーで、ホッとひと息。 dsc_2144.jpg本館混浴「宝泉」。湯船ごとに源泉の割合が違い、色も入った感じも違います。 dsc_2009.jpg山形牛の陶板焼き。特別なおいしさです!(お出しできない場合もございます。) s10hijiori0.jpg湯治場 肘折温泉。昭和十年頃の当館「つたや金兵衛」の様子。

|昔ながらの湯治場「肘折温泉」懐かしい日本の暮らし

ほ〜っと、本物の「湯治-Toji」がここにあります。


私が「湯守ー柿﨑金兵衛」です!
肘折温泉は、開湯千二百年と言われる湯治客中心の山間の静かな温泉です。
当館つたや肘折ホテルは、柿崎金兵衛の名で古くから湯治の宿としてご利用いただいてまいりました。
今でも、地元のおじいちゃん・おばあちゃんを中心としたお客様の多くは連泊。

長期滞在のお客様にも飽きがこないよう、料理も四季折々の山の幸を中心に工夫し、館主・金兵衛の「温泉療養基礎講座」や「まち歩きガイド」など、肘折ならではの体験もしていただけるよう、スタッフ一同、元気な笑顔でお迎えいたします。

良質な温泉・心をこめた山菜料理、そして肘折温泉ならではの ほ〜っと体験、ごゆっくりお楽しみ下さい。

「湯治-Toji」の詳しいご案内はこちら

新型コロナウイルス感染症拡大防止の為のお願い


新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、4月当初より休業致しておりましたが、6月1日より営業を再開致しました。

現状、スタッフの体調管理、館内の消毒等、感染予防策を行いつつ、お客様にも以下のようなお願いをしながらの、限定的な営業とさせて頂いております。 通常どおりの営業にはもう少しお時間を頂きたいと存じます。

・入館時に体温の測定にご協力ください。 ・手洗い、消毒をお願い致します。 ・マスクの着用をお願い致します。

・日帰り入浴の受け入れは中止させて頂いております。
・10名様以上の団体様のご予約は、原則お受け致しておりません。(ご家族等の場合は、お電話にてお問い合わせください)

・食事は、個室会食場またはお部屋食出の提供とさせて頂きます。
・会食場はは間隔を開けてのセットとさせて頂き、2名様の場合は横並びとさせて頂いております。
・カラオケの使用は中止させて頂きます。

・当面の間、送迎は中止させて頂いております。→村営バスのご利用をお願い致します。

・冷蔵庫は、空のままお使い頂いております。→お飲み物は、フロントにお申し付けください。

・布団は敷き置きとさせて頂いております。

・2F宴会場前・1Fお風呂奧の共同トイレは、原則・使用中止とさせて頂きます。
     
ご理解の上、ご了承・ご協力を頂きますようお願い致します。

|夏の肘折温泉

大急ぎの春が過ぎ、もう夏。


6月、タニウツギや朴の花や栃の花が咲き始めると、春蟬・河鹿・アカショウビンの声と、「夏」の訪れを知らせる音が聞こえてきます。
6月末〜7月のはじめにはホタルも飛び、梅雨。
7月末、梅雨が明けると、本格的な夏がやってきます。

いつもの年はイベント一杯のこの時期ですが・・・
今年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、軒並み中止となりました。

ですが、、いろんな工夫をながら、「ひじおりの灯」だけは、開催決定!
まだまだ、開催の方法については模索中ですが、下記日程での開催を予定しています。


年もやります!「ひじおりの灯」
  『ひじおりの灯-2020』

    • 8/ 8 〜 8/23(旧作展示)
    • 9/12 〜10/11(新作も展示)

「ひじおりの灯ガイドプラン」 もご用意しました。
   
雨天・強風時は点灯しない場合がございますのでご了承ください。




「四ヶ村棚田ブナ林ガイド」の他「温泉療養基礎講座」・「温泉街まち歩きガイド」など "若旦那の体験メニュー" も随時受付中です。
 →体験メニューについては、メール(info@tutayahijiorihotel.com)
   または、お電話にてお問い合わせください。

プラン別ご予約LinkIcon肘折歳事略暦LinkIcon

dsc_9210.jpg 003.jpg 1282d982bd82e989ce.jpg img_0459.jpg dsc_9316.jpg dsc_9471.jpg dsc_9476.jpg img_1221.jpg img_0759.jpg img_0822.jpg img_1290.jpg img_1293.jpg img_1797.jpg img_1714.jpg img_2256.jpg img_1887.jpg img_1913.jpg img_2369.jpg img_2753.jpg img_5319.jpg img_5320.jpg img_5671.jpg p8160038.jpg img_5766.jpg img_5339.jpg img_5770.jpg ma330008.jpg p1020823.jpg p6240012.jpg p6240015.jpg p6250058.jpg p7290001.jpg p8060029.jpg rimg0006.jpg takakural.jpg

宿泊予約はこちら。


◆連泊の方に お得なゆったり連泊プランLinkIconもご用意しました。
◆もちろん 湯 治LinkIconもあります。
お部屋タイプ別一般予約はこちらからLinkIcon
 湯治についてはお部屋条件等のご相談を承ります。
 お電話か info@tutayahijiorihotel.com へお問い合わせ下さい。

*ご予約の際は、「宿泊約款」LinkIcon「お許しください」LinkIconをご一読下さい。
*ご予約のお申し込みは、本サイトの他、お電話でもお受け致します。
(電子メールでのお問い合わせは、info@tutayahijiorihotel.com まで御願い致します。できるだけ48時間以内にお返事致します。)
*ご予約のお取り消し・ご変更は、お電話にて承ります。
お取り消しの際は、違約金(キャンセル料)が発生します。
違約金に関しましては下記を、詳しくは「宿泊約款」LinkIconをご覧下さい。

おすすめプランです。↓

「ひじおりの灯ガイドプラン」
        残念ながら当館「つたや金兵衛」湯治部屋の展示は中止です


8/ 8 〜 8/23 (旧作点灯) 
9/12 〜 10/11 (新作+厳選旧作 点灯)

東北芸工大の方々と一緒に立ち上げた「ひじおりの灯」は、今年で14年目を迎えます。
若い作家の皆さんに想いをこめて制作ていただいた灯籠が、湯治場の夜を彩ります。
その想いや技法の解説を聴きながら、ゆっくり夜のお散歩。
この時期だけの特別な楽しみです。

*今般の新型コロナウイルス感染症により、現在開催要領を検討中です。
期間の延長、Web上での開催等、詳細が決まりましたら、SNS等によりお知らせ致します。

「四ヶ村棚田ほたる火コンサート鑑賞プラン」  
          残念ながら本年は中止が決まりました。

8月第1土曜日。 
年に一度だけの特別プラン!
 今年は8/1です。

棚田百選にも選ばれた四ヶ村の棚田。年に一度だけ、柔らかなろうそくの灯りに包まれます。
その棚田に響く音楽。特別な風景・音に出会うことができます。

*雨天の場合、コンサートのみ肘折いでゆ館で開催します。
*宿泊プランは、5月中頃の販売開始予定です。

「肘折まるごとガイド」プラン←随時受付
              館主「金兵衛」(もしくは地元ガイド)が ご案内します!

四季の美しい肘折温泉の見所をじっくりご案内

肘折温泉は、全国でも有数の豪雪地帯で、標高は300m程しかありませんが、最大積雪は3〜4m越。その豪雪が、四季のハッキリした、独特の自然環境を育みます。四季折々の見所や、肘折温泉にまつわる伝説などをおり交ぜて、館主・金兵衛(もしくは地元ガイド)がご案内します。

ご予約は、お電話でお問い合わせ下さい。

春!今だけ!「肘折山菜膳プラン」!(5/7〜6/30 期間限定)

   = 山菜の食まつり(5/15〜6/14)= 

肘折温泉、一番の季節。肘折の山菜を知り尽くした大女将が、一品一品手作りで、懐かしい味をお届けします

 標高が300mしかないのに、積雪が4mを越える肘折温泉。豊で良質な山菜は、この特別な自然環境より生まれます。
春の暖かさになってもまだ雪の下にある山菜の芽は、雪解けとともに一気に伸び、太くて柔らかな、どこにもまけない山菜が育ちます。
おいしい山菜ですが、山菜は、食べるまでに下準備に手間のかかるものが多くあります。
当館では、肘折の山菜を知り尽くした大女将が、手をかけて料理した山菜を、この時期だけ「肘折山菜膳」としてご用意いたしました。
是非、ご賞味下さい。

*単品「山菜おひたしの盛り合わせ」、「山菜の天ぷら盛り合わせ」もご用意いたします。(6/中旬まで。お電話にてお問い合わせ下さい)
*時期によって、山菜の種類は変わります。

LinkIconご予約はこちらから

肘折温泉は、全国有数の豪雪地帯です。
(アメダス観測点中、最大積雪深は、ほぼ毎年全国2位)

1999年からの最大積雪深グラフを掲載しました。

2018/2/13、445cmを記録しました。

「金兵衛の宿六日記」